三月blog
 強く、楽しく、美しく生きる
知る

タロットカード小アルカナ「6」の意味

ワンド・カップ・ソード・ペンタクルそれらをスートと言い四大元素(火・水・風・地)をそれぞれ表しています

ワンド(杖)<火>精神性・情熱・活力を表しキーワードは人生を切り開く
カップ(聖杯)<水>感情・愛・友情を表しキーワードは真実の愛
ソード(剣)<風>理性・知性・決断を表しキーワードは自己発見
ペンタクル(硬貨)<地>物質・財産・労働を表しキーワードは真の豊さ

「6」は万物を具体化する3の倍数で調和やバランス、コミニケーションなどを表します

ワンドの6

正位置

何か動いた後の勝利・目標を成し遂げる・進歩・利益・嬉しいニュース・チャンスを掴み取る・勇気ある行動が成功につながる・公私共に充実・ライバルに勝つ・自己肯定・困難の終わり・優越感を得る・油断大敵・物事が前に進む・リーダーシップを取る

逆位置

心理的・経済的打撃・スランプ・現状を変えられない・問題の悪化、長期化・不利益・無期延期・勝利出来ない・リーダーシップが取れない・無理矢理リーダーにされる・過去の栄光にすがる・疑いを持たれる

正位置では成し遂げた後の勝利、逆位置は理不尽な結果というイメージ

カップの6

正位置

繊細さ・デリケートな感受性・純粋さ・過去を懐かしむ・幸せな思い出・家族愛や兄弟愛・愛着・原点回帰・癒しのひと時・新たな可能性の目覚め・再出発・過去の姿・旧友・新しい関係・初心に戻る・初恋・幼なじみ・帰郷・継承・相続

逆位置

子供っぽさ・幼稚・過去にしがみつく・過去からの成長・過去のつながりを捨てる・アップグレード・モデルチェンジ・過去を乗り越える・辛い記憶が薄れる・現状を見ない・恩を仇で返す・栄光の過去・人の上に甘える・継承しない・過去の囚われる

正位置では純粋や思い出、逆位置では身勝手や甘えのイメージ

ソードの6

正位置

移動・転職・退却・沈黙・困惑の中での門出・障害は解決・ゆっくり好転・問題を手放す・方向転換・路線変更・流れに身を任せる・発想の転換・専門家に頼る・安全な進路・平穏な日常に戻る・より良い環境に移る

逆位置

行き詰まり・行動が裏目に出る・曖昧な態度・難解な問題・決心出来ない・憂い・移動しない・流れに逆らう・動かない・不安が付きまとう・仕方なく動く・逃げる・戦うことを避ける・当ても無く流される・傷心・後ろ向きな気持ち

正位置では身を移すこと、逆位置では動かないイメージ

ペンタクルの6

正位置

寛大・親切・経済的援助・支援・平等・均衡・正当な評価・恩恵を受ける・商業的な発展・慈善事業・スポンサーが現れる・スポンサーになる・満足な結果・正当な報酬・ギブ&テイク・福祉・奉仕・労働と賃金

逆位置

見せかけの善意・自己保身的な態度・不平等・不公平・正当な報酬を受けられない・当然の権利を行使できない・気がかりな問題・不備や不調和・嫉妬・見掛け倒し・過剰に与える・必要以上に受け取る・お節介・過分な要求・甘い評価・すっきりしない状態

正位置では与えるや受け取る、逆位置では与えすぎやもらえないのイメージ